ロジスティックスハブ

 

ハブの概念は、本質的には戦略的に配置された複合一貫(マルチモーダル)ロジスティックプラットフォームであり、トラックの積降載施設、コンテナクレーンやガントリークレーン、ターミナルスタッキング、倉庫や他の付加価値サービスを統合することによって、効率の良い内陸での運用が可能になります。これによって、移送関連業務で貨物のボトルネックを効率的に解消するためにサプライチェーン/ロジスティックスを機能させることができます。

適切なロジスティックハブの重要な特徴は以下のとおりです
  • 着荷経路の選択肢 – 道路、レール、はしけ、および船舶(コースターからパナマックス)。
  • サービスの選択 – 最高品質の貯蔵オプション、貨物の管理会社およびターミナルオペレータ。
  • ​出荷の選択肢 – コンテナ輸送会社の選択(Maersk、MSC、Cosco、Hanjin、Hapag-Loyd、Hamburg Süd、CMA-CGM、OOCL、NYKなど)、ターミナルオペレータの選択、着荷から出港までトランシップオプションを簡素化できる様々なふ頭。
  • BEET & FEED、弊社の業務の隅石として以下のハブを識別および利用しています。